一筋でも

拾った陶片は数個程度。
中で、一筋でも櫛や箆の跡が残った青磁片があるとうれしい♪
posted by sato at 19:18福岡 ☁Comment(0)青磁

1週間前の

1週間前の海岸です。全国的に人出が増えた日で、常に人気の近くの釣り場はもちろん、砂浜も端の方まで人の姿がありました。釣り竿の前を通るわけには行かず、歩くには残念な条件、ということで今回も拾い物は少しだけ。
端まで行くのは諦めたので、その分、いつもよりのんびりと海岸で過ごせました。
それに、冬場は復路で大抵強い向かい風に悩まされるのに、
時折、背中を押すように吹いて来る東風が心地よい日でもありました^^

いつもと変わらず

先日の続きです。
梅雨入りとほぼ同時に仕事も再開。休みが長すぎて、まだ調子が出ません^^

出掛けた先でも何かと緊張を強いられる中、清々しい香りを漂わせるハマゴウや、スナビキソウのいつもと変わらぬ姿は、気持ちをほっと緩めてくれました。
只、スナビキソウが咲いてた辺りの地形の変化がちょっと気懸かり、、





待ち伏せ


たいして歩けなかったので、アオイガイはもちろん生き物にはあまり出会えず。
今年見た中では状態の良かったこのハリセンボンは、スナガニが穴から出てくるのを見張ってるかの様でした。

金曜日の海岸

一応解除になったので、ごく僅かな時間でしたが海の風に吹かれて来ました♪

車窓から


帰省も毎週同じルートだと飽きるので、時々まわり道。
桜の公園と前後しますが、1枚目は休憩で立ち寄った大分飯田高原の長者原で。その後は、野焼き後の、まだ黒っぽい阿蘇の草原を眺めながら帰りました。

桜とルリタテハ~

半分だけのシルエットになっちゃってますけど、一応ルリタテハです。最初見たときは、花の手前側に綺麗な翅を広げてとまっていました。桜と翅の鮮やかな瑠璃色の取り合わせは、忘れられない美しさ♪
残念ながら、絶好のシャッターチャンスを逃してしまいました~(笑)

10日ほど前、実家への行き帰りに眺めた桜です。
遠くに見える山は阿蘇外輪山の鞍岳。

いつまでも変わらないで欲しい風景ですが、今年は東北よりも鹿児島の方が満開の時期が遅いそうですね!

縞々♪

石ころ拾いも楽しめました。
大きく見えますけど、縞々の方は2センチくらいの小石です^^

この数か月、人間の活動量が減ったのでCO₂の排出量もかなり減った、とのニュースを聞くと、これも地球の自浄作用のひとつかと思わされてしまいます、、

くっつき系

砂団子みたいなのはヨロイイソギンチャク?  マツバガイ  
カメノテ、クロフジツボ、ヒザラガイの仲間

岩にしっかりくっついて、波に揉まれながらも寄り添うように生きてるご近所さんたち。
人間が、また心置きなく肩寄せ合える日は、一体何時になるのでしょうね。




カワウ? ウミウ?

少し離れた岩場では、鵜の群れが、思い思いの格好で羽を休めていました。
岩場にいるのはウミウ??
posted by sato at 16:15福岡 ☀Comment(0)

アメフラシ-2

こちらは30センチ以上はありそうなアメフラシ。
これまでの、砂浜に打ち上げられて息も絶え絶えのアメフラシと違って、どちらもモリモリと旺盛に海藻を食べている様子に目を瞠らされました^^
特にこの大きい方は、こちらを向いた時に大きな丸い口の部分(4枚目の中央付近に見えているのは歯舌?)を動かしているのが凄くインパクトがありました(笑)

アメフラシ-1

まだ大潮ではないのでウミウシを見つけるのは無理かな~と思いつつも、タイドプールを覗き込んでいたら2匹のアメフラシを発見♪
こちらの小さい方は、アマクサアメフラシに似てるでしょうか??

追記

カニさん


捕まった、かわいいカニやアサリさんたち。
posted by sato at 19:53福岡 ☀Comment(0)生き物

記事リンク