アメフラシ-2

こちらは30センチ以上はありそうなアメフラシ。
これまでの、砂浜に打ち上げられて息も絶え絶えのアメフラシと違って、どちらもモリモリと旺盛に海藻を食べている様子に目を瞠らされました^^
特にこの大きい方は、こちらを向いた時に大きな丸い口の部分(4枚目の中央付近に見えているのは歯舌?)を動かしているのが凄くインパクトがありました(笑)

アメフラシ-1

まだ大潮ではないのでウミウシを見つけるのは無理かな~と思いつつも、タイドプールを覗き込んでいたら2匹のアメフラシを発見♪
こちらの小さい方は、アマクサアメフラシに似てるでしょうか??

カニさん


捕まった、かわいいカニやアサリさんたち。
posted by sato at 19:53福岡 ☀Comment(0)生き物

磯へ


金曜日は、春休み中どこにも行けなかった孫を連れて、半日磯で過ごしました。
先日と同じく、こちらも殆ど人の気配は無かったので、うちの近所を出歩くよりは余程安心な気はしましたが、、。

コウボウムギ

砂に埋もれてしまっているのか例年より疎らな感じでしたが、コウボウムギも芽吹いていました。
ハマエンドウの花は、見ているこちらが息苦しくなりそう。
でも若葉は生き生きとしていて、こんな環境下でも逞しく育っているのがすごいです。
posted by sato at 19:30福岡 ☀Comment(0)植物

白樺浮き

一番の収穫は白樺浮き(笑)
フィールドでは、ロールが緩んで只の樹皮状態のものも多い中、珍しく巻きもしっかりしていました♪
posted by sato at 19:01福岡 ☀Comment(0)漁具

日曜日の海岸

大した症状ではありませんでしたが、連日の病院通いも一段落したので実家から直行直帰で行ってきました。
途中には釣り人で賑わう海岸もあったものの、目的の海岸は予想外に閑散とした雰囲気。おまけに寄りものも同じ状況、、。
取り敢えず、新型コロナの心配は全く無用の海歩きでした^^

集合写真

先日の分です。
久しぶりに陶片の集合写真を撮りました.

posted by sato at 14:33福岡 ☁Comment(0)標本箱

パーツでも


生き物系は、再びの割れたタコノマクラとガザミの仲間のハサミくらい。でも、パーツならではの魅力ってありますよね^^

おまけ♪

おまけのビー玉や、この海岸では初めての玉髄?まで。
生き物系は乏しかったけれど楽しかった~(笑)

陶片-1

1枚目だけは前回分です。
この日は久しぶりの陶片日和。面白い見込み文様や蛸唐草等
いくつもありました。

日曜日の海岸

日曜日は、また糸島方面へ。
新型コロナの影響等で、最近は観光地も人影が少な目な印象でしたが、この日は意外と賑わっていました。
街中と違って、海辺は開放感があるからかも知れませんね。

常連さん-3

最後はやっぱりヒヨドリが。
最初こそ警戒心が強くて、人の気配ですぐに逃げていたのが、今ではすっかり我が物顔。メジロはまだしも、シロハラが来ると追い払ってしまいます。
他には、まだ干しブドウが鉢に残っていた頃にはジョウビタキも。極たまにしか現れないシジュウカラを呼ぶのが目下の夢です^^

記事リンク